シミ取り対策には洗顔石鹸も有効である

年齢とともに気になってくるのは、顔のシミでしょう。特に女性は年齢を重ねても、美しくありたいですから、シミは気になるものです。シミをなんとかしたいというときに、手軽にできることとして、洗顔があることをご存知ですか。

洗顔石鹸がシミにも効くのか

シミは、メラニンのある角質が皮膚の表面にたまってしまうことで起きてしまいます。メラニンはもともと紫外線から核細胞を守るためにあるものですが、それが増えすぎると色素沈着をして、シミになってしまうのです。

そこで、シミをとろうとしたら、こ角質をとることが必要になってきます。古い角質をとり、新しい角質を表面に出すことが必要なのです。そこで、洗顔石鹸で顔を洗うことで、この古い角質を洗い流していくのです。
現に多くの洗顔石鹸が、その効果の中にはシミやくすみの改善と言う効果をアピールしています。原理としてはこのような仕組みとなっていて、まずは使い続けていくことが必要です。

洗顔の仕方に気をつけよう

洗顔もただ、ゴシゴシと顔を洗ったりするのは逆効果です。下手にゴシゴシするの皮膚にダメージを与えたり、余計な刺激で角質が厚くなるかもしれません。洗顔するときには、泡を手のひらでしっかりと立ててから泡を優しく顔に当てて、マッサージをするように
手をあてていき、洗っていきましょう。また、洗うときもお湯よりもぬるま湯や水で洗います。最後は水で洗って肌を引き締めます。なお、最後に乾燥しやすくなるので、化粧水やクリームで保湿にも気を配りましょう。
最後に、洗顔石鹸も美白効果など、美容効果もあるものも多いので、それを使っていくと良いでしょう。