洗顔石鹸のデメリットとその対策について

洗顔石鹸を使用しての洗顔

洗顔をするときに使用する洗顔料は、洗顔フォームか洗顔石鹸がポピュラーなものだと思います。洗顔石鹸を使用しての洗顔が肌に与える影響はどのようなものでしょうか。また洗顔石鹸にはデメリットはあるのでしょうか。

洗顔石鹸のデメリット

洗顔石鹸には、余分な皮脂や汚れを洗い流すために必要な天然成分しか含まれていません。そのため日頃の保湿ケアが不十分であったりすると、洗顔後に肌がつっぱるような感じを受けることがあります。汚れが落とされると、何も肌にのこらないため、潤いが不足し、乾燥することによって起こる症状です。そのため、洗顔石鹸を使用すると肌が乾燥しやすくなるというデメリットがあります。洗顔後に保湿ケアを念入りに行い、肌の乾燥を防ぐようにする必要があります。また、洗顔石鹸の多くはアルカリ性であるため、弱酸性の肌の上に長い間付着させてしまうと、刺激となり、乾燥や肌トラブルを起こす原因となってしまいます。汚れを良く落とそうと強くこすったり洗い残しなどが内容に注意する必要があります。

洗顔石鹸のデメリット対策には

洗顔石鹸をデメリットを解消させるにはいくつかの方法があります。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合されている洗顔石鹸を使用すれば、肌のつっぱりを防ぐことができます。洗顔後の保湿ケアと合わせて行えば、肌の乾燥は防ぐことができます。たっぷりの泡で優しく軽くマッサージするように洗い、念入りにすすぎを行うようにすれば、肌トラブルも防ぐことができます。