混合肌に洗顔石鹸を使用する時に注意すること

混合肌とは

乾燥肌とオイリーな肌の両方の肌質が混合している肌のことです。おでこや鼻周り、顎などの皮脂分泌が多い部分は、ベタつきがちなオイリー肌であるのに、頬などは乾燥している場合が多いです。混合肌の場合洗顔石鹸を使用するにあたって注意することはあるのでしょうか

保湿ケアをしっかり行う

混合肌は、おでこや鼻周りなどの皮脂が多く分泌されている状態であるので、皮脂分泌を抑えるようにしなければいけません。肌が乾燥していると、皮脂分泌が盛んになってしまうので、オイリーな部分でもしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。皮脂を洗い流そうと、ゴシゴシ念入りに洗ってしまいがちですが、逆効果であるので、オイリー肌の部分こそ丁寧に洗い、保湿をしっかり行いましょう。石鹸が肌の表面に残ってしまうと、乾燥がひどくなってしまうので、洗顔後のすすぎは念入りに行い、化粧水や乳液などで潤いを補給するケアをすぐ行うようにすることが必要です。また、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されている洗顔石鹸を使用すると、部分的な乾燥を防ぐことができ、皮脂バランスを整えることができます。

混合肌も保湿はいちばん大切

混合肌の場合も、普通の肌の場合も、スキンケアの中で保湿はいちばん大切なことです。肌の乾燥した状態が続いていると、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となります。ベタつきが気になるオイリー肌の部分にも、保湿をしっかり行うことによって、皮脂の分泌を抑えることができるようになります。保湿成分配合の洗顔石鹸を使用すると、さらに効果的です。